八王子の隠れた名店、お好み焼きとうどんのお店 高砂舎

八王子の隠れた名店、お好み焼きとうどんのお店 高砂舎

八王子の奥地、高尾山も近い閑静な住宅街である元八王子町に今回ご紹介するお店があります。

お店の名前は高砂舎、和風な名前ですが店内はロッジ風で流れる音楽もお洒落な洋楽ばかりです。

(店内。コロナ禍以前の撮影)

若い夫婦二人が主にお店に出ており、忙しい時はお母さん?もお店を手伝っているアットホームなお店です。

このお店の特徴は、昼と夜でメニューが全然変わります。

ランチはうどん屋

土曜、日曜、祝日はランチ営業をやっていません。

更に毎週火曜と隔週水曜が定休日となっているため、食べられるチャンスは月曜、木曜、金曜とたまの水曜のみ。

激レアランチですが、無理して行く価値ありの超絶シコシコ手打ちうどんです。

うどん単品は350円から、あったかいうどんは関西風、関東風のつゆを選べます。

この日選んだのは700円のランチセットでした。

とんかつランチセット

ランチセットは日替わりで数種類ある物から選べます。

こちらはランチで最も高い700円のとんかつとうどんのセット。

セットのうどんも温・冷、つゆの種類を選べます。

写真のうどんは冷たいうどんです。

うどんが非常に締まっているので、意外とガツンときますよ。

なので、ボリュームのあるランチを好みそうな工事業者の方や営業マンのような方も続々とやって来ます。

夜はお好み焼きともんじゃ焼きのお店

夜になると鉄板焼きと粉モンでお酒を楽しむメニューに変わります。

席に着いたらビールのおつまみに枝豆、そして鉄板に火が入ります。

目の前の鉄板で自分で焼いて楽しむスタイルです。

ホルモン焼き

ホルモン焼きの味付けはビールとよく合います。

牡蠣バター

この時は期間限定メニューの牡蠣バターを楽しみました。

そしてお好み焼き。

お好み焼きは種の状態で渡されます。

エビ・チーズのお好み焼き

これをスプーンで軽くかき混ぜて種をなじませたら鉄板に敷きます。

焼き方が良くわからなかったら店員さんに聞いたらちゃんと教えてくれます。

両面焼いてソースを塗ってマヨネーズをかけて鰹節、青のりをまぶしたら完成です。

お好み焼き、完成

鉄板に垂れたソースから香ばしい香りが漂ってきます。

お好み焼きソースは席に備え付けの普通のソースに加えて、特製の辛味ソースも出してもらえます。

絡みソースを使えば少しピリ辛になって味の深みが増しますよ。

お好み焼きのメインの具材にトッピングを色々と組み合わせることができますので、行く度に違うお好み焼きを楽しむことが出来ます。

豚・チーズ・もち・えびのお好み焼き
お好み焼き、完成

この時はマヨネーズが青のり・鰹節の下になっていますね。

店員さんが作ったのではなく、自ら焼くスタイルだから発生する出来上がりのバラつき。

大丈夫です、難しくないですし、失敗したらそれを肴に更にお酒が進みます。

お酒の値段もかなりリーズナブルですよ。

お勧めはワインボトル1本。

赤ワイン

1本頼んで仲間内で仲良く飲むのもアリ、飲み切れず持ち帰りもアリ。

ところで、このお店何度か行っているはずなのですが、もんじゃ焼きの写真を全然撮っていないことに気が付きました。

もんじゃ焼きの時はつくって食べるほうで必死ってことかな。

アクセス等

お店から最寄りのバス停まで歩いて3分ほど、そこからバスに乗れます。(終バス時間は飲む前に要チェック!)

東京カテゴリの最新記事