大崎駅からウィラーバスで成田空港へ

Pocket

東京から成田空港に向かう交通手段は成田エクスプレスや京成特急といった鉄道、各主要駅から出ているリムジンバスなど色々とありますが、ここ数年コストパフォーマンス面からアツくなっているのが、高速路線バスです。

以前から東京駅の近くを起点に京成バスの東京シャトルやJRバスなどが運営するTheアクセス成田が、東京駅と成田空港の間を片道900円、1,000円で走っていて特に成田空港到着後、都内に出るのに余裕がある時なんかは頻繁に利用していました。

逆に出発飛行機の時間が決まっている時は、道路運行状況に左右されたり、予約できずに急になることになった場合、定員オーバで乗れなくなる恐れがあることから個人的には選択肢の1番目には必ずしもならないなぁという印象だったのです。

スポンサーリンク
レクタンングル(大)

高速バス界のガリバー参入

そんな加熱状態だった東京と成田空港を結ぶ格安路線バスに、2016年10月31日、高速バス界のガリバーであるウィラーエクスプレスが満を持して参入してきました。

豪華装備や都市間高速バスで定評のあるウィラーですから、きっとやってくれるハズ、そういう期待を持っていたら意外なルートを持ってきたのです。

それは、山手線大崎駅から成田空港(を経由して芝山町役場まで)の往復というもの。

正直個人的には、「なんで大崎?周りに何もないしそんな大型バスの入るようなバス停あったっけ?」という感じでありましたが、事前ネット決済で片道1,000円というお値段設定にズキューンとやられてしまいました。

考えてみてください。渋谷、新宿、池袋など山手線の西側から東京駅に行って、ネット予約枠の小さいバスに乗るか、大崎駅からネット予約大歓迎のバスに乗るか。

予定が決まってるなら断然後者ですよ。

バス停までの電車代も東京駅まで行くより比較的安いし。

と、いうわけで乗りました!

大崎駅から成田空港へ

大崎駅に山手線でやってきて、スーツケースをカラカラと新西口へ。

バス停の場所に迷った場合のことを考えてかなり早い時間についてしまいましたが、遊歩道をずーっと歩いて難なく発見できました。

時間があったのでTSUTAYA併設のスタバでコーヒータイムをしながら時間つぶし。

。。。この辺、なにもなさそうだけど、このほかには時間つぶし出来るところあるのかしら。

と、いらん心配をしましたが、ともかく時間が来たのでバス停へ。

osaki station map

bus stop

既に白とピンクのバスが見えます。どうやらウィラーのバスが到着しているようです。

慌てて列に並びましたが、なんのことはない、まだバスはオープンしてないしお客さんの数は10人にも満たずで疎らでした。

willer bus

バスに乗れるのはたった10分前から、なので日陰で寒いバス停でじーっと待ちます。

漸く時間になり、荷物を預けて乗り込みました。

inside bus

白地にピンクのアクセントの映えるバスのシートです。

白いシートって汚れが目立ちそうですが、まだ新しい車輌、とても綺麗です。

ご覧の通り、この日は平日の昼間あってか最後までお客さんの数は疎らでした。

バスは安全運転で大崎駅から首都高目黒線を通り、東京タワーを垣間見てから成田方面へと向かったのでした。

tokyo tower

高速の流れは順調。

定刻通り成田空港に到着しました。

これは、渋滞の恐れがないときには今後も都内西側から成田空港に向かうときには十分に使える手段だなぁと感じました。



\全国100路線以上販売中!/
高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

スポンサーリンク
レクタンングル(大)
クリック御支援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 旅行ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタンングル(大)