羽田空港近くで朝からやってる天然温泉、幸の湯

Pocket

この日は国際線の飛行機で早朝7時前に羽田空港に到着しました。

夜行便ということで、お風呂には前日の夜に入ったきり、それも日中そこそこ汗をかいたまま飛行機に乗っていたので羽田空港に到着した頃には相当臭くなっていたように思います。

と、いうことで、羽田空港の国際線ターミナルにはこういう長距離フライトでやって来た人などを対象にしたシャワールームがあります。

スポンサーリンク
レクタンングル(大)

羽田空港国際線ターミナルのシャワールーム

羽田空港公式サイトの説明などを読む限り、かなりキレイにしていながら1,030円/30分で使えるということ、決して高いとは感じません。

シャワールームは到着ロビーを出て左側奥にあるのですが、、、なんとこの時は70〜90分待ちとのこと。

あらら、やはり早朝は利用者が多いのでしょうか。

さすがにこれは待ちきれません。

残念ながら超絶臭いまま今日1日動くしかない、と覚悟を決めて京急に乗り込みました。

悪臭を(多分)漂わせたままなので、乗客数が少ないことは幸いです。

そしてガタンゴトンと電車に揺られながらgoogleで朝風呂出来るところないかなぁと往生際悪く確認してました。

そして見つけました、京急糀谷駅から徒歩7分のお風呂屋さん。

「糀谷ァ〜糀谷ァ〜」

ダァシェリエスに代表される京急独特の車掌さんアナウンスが丁度糀谷駅(京急蒲田の一駅手前です。)に到着したことを教えてくれました。

慌てて電車を飛び降りて改札を出て左へ、朝の商店街を歩きます。

天然温泉、幸の湯

Google mapに導かれながら住宅街の中に天然温泉の看板を見つけました。

マンションの下にひっそりとあり、いわゆる銭湯というイメージの和風な建物を探していた自分としては面食らいました。

では、正面へ。

自動ドアをオープン、靴を下駄箱に入れて左側に自販機があるので、入浴券を買います。

使い捨てシャンプー、リンス、石鹸、歯ブラシ、カミソリとタオルがセットになったアメニティセット(男性用。女性用も別途設定あり)も売られてますので手ぶらでも全く問題ありません。

脱衣所のベンチの上に置いて。。。こんな耐水性の入れ物に入っているので、タオルなど使用後に持ち帰ることもできます。

さらに、無料で貸し出しタオル1枚も有りますので合計2枚のタオルを使えます。

入浴券460円に手ぶらセットという名のアメニティセットを買っても1,000円でお釣りが来ますので羽田空港のシャワールームを使うより安上がりです!

お風呂はお店の看板通り天然温泉とのことですが、特に色や匂いはありませんでした。

露天風呂をはじめ内風呂にはサウナのほか泡風呂や電気風呂もあり、お湯の温度も江戸っ子の超激アツ風呂ではなくて程よい温度設定なので安心して浸かれます。

長旅の疲れと汚れがゴッソリと落ちてゆくのを感じながらリラックスして1時間近く、予想以上に長居してしまいました。

朝9時くらいの訪問だったのですが、男湯のお客さんはお年寄りばかり10人くらいいました。

女湯の脱衣所からも、御婦人の大きな話し声が聞こえて来ましたよ。

御婦人の話では、なんでもこのお風呂屋さん、結構な人気で遠く千葉県からやってくる人も居るのだとか。

サッパリした気持ちで石鹸の香りを纏いながらお風呂屋さんを後にして出勤客のまだ多い京急の車内へと戻りました。



スポンサーリンク
レクタンングル(大)
クリック御支援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 旅行ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタンングル(大)