シンガポールのアイコン的存在感 Gardens by the bay

シンガポールのアイコン的存在感 Gardens by the bay

シンガポール、人種のるつぼ。ホントに様々なルーツを持つ方が居ます。

シンガポールと言えば、やっぱりマリーナベイサンズでしょうか。

この特徴的な形は、一度見たら忘れられないほどインパクトがありますよね。

今回の旅では、車の中からこの建物を仰ぎ見ることができました。

アルファードのサンルームを開けて、真下から撮りました。

で、これを撮ったすぐ近くに今回紹介するGardens by the bayが有ります。

Gardens by the bay

シンガポールにはもともとBotanic Gardenという国立植物園がありました。
これは、シンガポールで初の世界遺産に登録された歴史ある植物園です。

一方のこのGardens by the bayは2012年にオープンしたばっかりの真新しい施設です。

シンガポールに興味のある人がこの写真を見たら、ああ、これね、ってなるほど有名なところです。

ここら辺はタダで入れるエリアなので散策したい放題。

でも、ちょろっと横を見ると、マリーナベイサンズがどどーんと絵にかいたような姿で見られるわけです。

この庭、植物園というからには、別にこの屋外の公園だけが凄いのではないのです。

ごっついカッコイイ温室、というか南国なので冷房がよく効いた冷室!?があります。

Pollenという名前だったり、Flower Domeと呼ばれていたりするようです。

この1階がレストランになっており、それはそれは高級なお店です。

この時はご縁がありここで食事することが出来ましたが、盛り上がりすぎて酒がバンバン注がれた為ロクな写真が残っておらず。。。

そしてその2階がFlower Domeと呼ばれる所以の植物園です。

なかなかキレイな花を、快適な空調の下で楽しむことが出来ました。

自然派ではない、都会派の人には向いている施設だと感じました。

多分、入場料とかかかるのでしょうけど、この時はレストランからウォークスルーで行ったので一体何ドルなのかは、不明です!

シンガポールカテゴリの最新記事