浜松駅すぐでうなぎを食べるなら、うなぎ藤田

Pocket

大河ドラマ、おんな城主、直虎の舞台となっている静岡県の浜松市にやってきました。

場所はちょうど大阪と東京のど真ん中、新幹線に揺られてやってきました。

スポンサーリンク
レクタンングル(大)

浜松までの新幹線車内

久しぶりに昼間の新幹線自由席に乗りましたけど、外国人の数が非常に多くて驚きました。

一番驚いたのが、新大阪から乗って京都で降りた人たち。

これ、関西在住の人からしたら一度はやってみたいアホみたいな新幹線の利用方法なのですが、彼らはJapan Rail Passという訪日外国人向けのJR乗りたい放題切符を持っているので、こういう豪遊な使い方ができるのです。

外国人は京都で大半が降り、ひかり号の車内はビジネスマンの姿が多くなりました。。。と言いながら車内はとっても空いてましたが。

そんな中、うなぎを食べに浜松へと向かう自分。。。

事前に腹ごしらえ、と食べるのは新大阪駅で買った大阪土産物っぽいたこ焼き味のポテトチップス。

味は、濃いですね。。。六甲のおいしい水が本当においしいです。

ポテチをバリボリしながら浜松に行くわけですが果たして時間も中途半端だけどどうしたものかと思案。

別にうなぎ自体は目的の中でもかなり優先度の低いもので、事実どこのうなぎを食べたらよいのか調べ始めたのは新幹線の車中。

普段は新横浜~名古屋間ノンストップでゆくのぞみ号の車中から延々と続く静岡県を恨めしく見ているのですが、人生で初めての浜松での下車となります。

直虎だらけ(笑)

駅前のうなぎ藤田はホテルの2階

さて、昼間は別の所要を数々こなし、気が付いたらあたりは真っ暗。

浜松名物うなぎパイは夜のお菓子というくらいだし、とうなぎは夜に食べるものかなぁと思っていたのですが、どうも夜遅くまでやっているお店は少ない模様。

駅前にはもう一軒、八百徳というお店もあったのですが、タッチの差で閉店してしまっていました。

と、いうことでそこからすぐ近くにある此方のお店へとやってきたのです。

場所は駅南側にあるホテルリソッツ浜松の建物2階。

外に一応看板も出てました。

階段 or エレベーターをのぼって2階に来ると、高級そうなエントランスが待ち構えています。

この時点で正直軽く尻込んでしまったのですが、意を決して入店しました。

店内は落ち着いた雰囲気の大人のお店、カウンター席に案内されました。

案内も非常に落ち着いた雰囲気、気の利く給仕さんでこれだけでお金を払う決心がつきました。

そして、メニューからうな重(花)を選択、暫し待ちます。

ちなみに、(川)は小ぶりのうなぎを3/4尾、(花)は小ぶりを1尾、(山)は大ぶりを1尾、(特山)は大ぶりを2尾入れてます、との話でした。

おいしいお茶を戴きながら、そういえば浜松は静岡県であり静岡はお茶の産地であったのだということを今更ながらに思い出してしまったのでした。

あとでお土産に静岡茶を持って帰ろうと決めた瞬間です。

と、そこへうな重がやってきました。

アロマを写真で伝えられないのがこんなに残念だとは・・・と言いたいくらいの良い香りが、お重を開けた瞬間に広がりました。

このうなぎなんですけどね、箸を入れると簡単にふわっと身がほぐれるんですよ。

そしてこの甘いタレが絶妙で、食べ始めたら箸が止まらないですね。

お漬物もちょうどいい感じにうなぎの濃い味を中和して新たなうなぎへの一口を演出してくれます。

そして、この肝吸い。

普段は肝吸いというものに縁がないからか、なんかこれは慣れない感じで、こんなものなの?みたいな・・・よくわからないです。

が、いずれにせよすごくワンパクに一気に食べてしまいました。

後ろのテーブル席ではカップルが軽くお酒を飲みながら談笑しているのが聞こえますし、おひとりさまの先客女性はまだ食べ続けています。

本当は、お酒もちょっぴり戴きたかったのですが、都合あり断念。

麦焼酎を頼んだのにウイスキーかと思った、という後ろのカップルと店員さんのやり取りを聞きながらどんな焼酎だろう、飲んでみたいなぁと思いつつ、何の銘柄の話かは分からず終い。

給仕さん曰くちょっと珍しい銘柄らしいですよ?

そんなこんなで満腹感と満足を胸に、お会計です。

ま、明治創業の老舗のうなぎですからね。

このくらいしますわ。

お店のWebサイトによると、駅前のほかにも本店や、東京の白金台にも出店しているようですし、通販にも取り組んでいるとのことです。




スポンサーリンク
レクタンングル(大)
クリック御支援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 旅行ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタンングル(大)