石清水八幡宮へ駆け足でお参りしてきました

石清水八幡宮へ駆け足でお参りしてきました

八幡市駅で電車を降りると、石清水八幡宮へのイラストマップが掲出されていました。

iwashimizu map

でも、イラストで見てもよくわからないのでともかく行ってみます。

男山ケーブルカー

さっそくケーブルカー乗り場に向かいました。

otokoyama cable car station

でっかくケーブルカー乗り場だってアピールしているから迷うことはありません。

駅にケーブルカーが停まっているのがちらっと見えますね。

ワクワクと足が早まります。

otokoyama cable car ticket

きっぷ売り場ですが、今回はスルー。

そのまま改札を通ります。

otokoyama cable car entrance

改札を抜けると、左側にはケーブルカーが、どどーん!!

ケーブルカーは斜めだけど、中は段差で平行です。

乗ったときはお客さんが全然おらず、一番先頭をゲット。

座席は先頭のみ山側を向いており、それ以外は麓側を向いています。

そして先頭座席から横を見ると、運転席。

前を見ると、これから進むべき線路。

そして、ついに出発の時がやってきました。

出発進行!!

短いトンネルを抜けると向こうから下りの対向列車がやってきました。

そして、対向列車が過ぎ去ったばっかりの線路を上ります。

もう一度トンネルを通り抜けた先に、男山山上駅到着です。

石清水八幡宮への歩み

駅を出て、山の上の緑の中を歩きます。

と、いうことでハイキング気分で到着しました。

石清水八幡宮

朱色の柱と屋根が現れました。

とりあえず、拝殿が左右にデカいです。

カメラに収まりません。

裏に回ると宝物庫がありました。

江戸中期ということなので、300年くらい前の建物ですね。

校倉造といえば奈良時代に建造された正倉院が真っ先に思い浮かびましたが、それを思うとこちらはとっても最近の建物。

校倉のさらに横には別の神様もいらっしゃいました。

男女で神様が違うらしいです。

拝殿の前に戻ってくると、赤ちゃんを連れた人が非常にたくさんいました。

お守りを買いながら巫女さんに尋ねてみると、この日は大安祝日でお宮参りにうってつけの日だからではないかとのこと。

しかし、見事に新生児と思われる子を抱えた人ばっかりなので驚きました。

山下り

帰りは別ルートでケーブルカーの駅へと向かいました。

そうすると、竹林がありました。

一瞬だけど、ちょっとすごいと感動。

さらに、駅ってこんなに遠かったっけ、こんな変なところを通るの!?と不安になるほど道を歩いて行くと、ようやく駅の姿が。

改札へと向かいましたが、ここはスルーでした。

ケーブルカーで山を下りながら、遠くみはらしを眺めたのでした。

京都カテゴリの最新記事