夕方だけど日の長いヴェネチアを散策

夕方だけど日の長いヴェネチアを散策

宿に荷物を置いたら、とりあえず向かうは最初に目指していたリアルト橋。

何でこんなことになったのか、本当に駅からここまで水上バスで簡単に来られたのか、検証作業です。

リアルト橋は絵ハガキの世界

サンマルコ広場から宿まではヴェネチアの入り組んだ街で迷子になる自信があった為Google mapに導いてもらっていました。

しかし、今回は宿からまっすぐ行けばリアルト橋のある運河だったので、この移動は非常に簡単でした。

運河に行きつくと、そこはキラキラ煌めいていて、ゴンドラ乗り場に係留されたゴンドラもかっこいいです。

勿論、観光地らしくイタリアTシャツやヴェネチアTシャツがいっぱい売られていました。

こんな物には目もくれず、、、いや、この船乗り帽子はチョット惹かれたけど後々後悔する買い物なので買わずに(ブリュッセル空港までの移動で予想以上にお金使っちゃったし。。。)

あ、アイス!

上はメロン、下はレモンの甘さと酸っぱさのハーモニーを楽しみながら目的の橋を、リアルト橋をこの目に焼き付け・・・

うぉぉぉぉぉ!ガイドブックそのまんまやー!(当たりまえ)

橋の上には多くの人がいます。

早速ミーハー魂で橋の石段を一歩一歩登りながら運河を眺めてうぉぉぉぉぉぉと感嘆の声をあげます。

だって、こんなんが見えるんですよ!

逆光!だけど超絵葉書の世界!

では逆サイドを見れば逆光ではなくなるはず。

うぉぉぉぉぉぉ!

ダメだ、感嘆の声しか上がらない・・・。

てゆーか生で見てもすごくて、写真に収めてもこんなに凄い街ってなかなかありませんよ。

今回の旅行で訪れた先の中でも随一!

興奮しながら、さっき荷物をカラカラ引いてて写真や観光どころじゃなかったサンマルコ広場方面へと戻ります。

・・・ちょっとまって。

このお店凄いよ。

ヴェネチアカーニバルのお面です。

しかも店員さんが装飾のないお面に接着剤のようなものを付けて作業しているってことは・・・手作りです!

手作りのお面作りについて話を聞いて、イロイロ物色して決めました。

出発までにここにお土産を買いに来ようと。

とりあえず、今は観光優先です。

サンマルコ広場に戻ってきました。

もう道順分かりました。

これでGoogle map無しで宿まで戻れます。

サンマルコ広場と言えば、この鐘楼(Campanile San Marco)。

登るのを待っているのか沢山の人が列をなしていました。

そして奥にちらりと見えているのがこれ。

サンマルコ寺院(Basilica di San Marco)です。

レストランの生演奏の聴こえる優雅な広場。。。

あぁ本当に優雅すぎてここに至るまでのアレやらコレやら全て忘れてしまうかのよう。

そして、桟橋の向こう側に・・・絶景と、カモメ。

路地を散策してみます。

ひとつひとつの建物が無駄に優雅。

 

教会だって優雅。

こちらはChiesa di San Moisèという教会です。

中にも入ることが出来ました。

そのすぐわきを流れるのは、運河。

これぞ、ヴェネチア!

細い運河にゴンドラ。

そしてまた運河!

優雅な時間。

こうやって音楽付きで船に乗ってる人、前後の船に乗っている人は優雅な気持ちがより一層優雅に。。。いいねぇ、見ているこっちまで優雅な気分になれます。

どことなく芸術的なバルコニー。

そして、行きついたのは、この建物が真正面に見える桟橋。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂(Basilica di Santa Maria della Salute)っていう名前らしいです。

帰ってきてから建物の名前を知ったわ。

存在感だけでこれを正面から撮りたいと細い路地を通り抜けてイロイロ探しまくった結果、建物の裏道のような所からここに辿り着きました。

達成感!!

達成感を胸に、遅い昼食の為にまだそれほど空腹ではありませんがサンマルコ広場方面に晩御飯を探しに行くこととしました。

イタリアカテゴリの最新記事