夕暮れを見ながら優雅な夕食をヴェネチア本島で

夕暮れを見ながら優雅な夕食をヴェネチア本島で

とりあえず喉が渇いたからサンマルコ広場のアイス屋でフレッシュオレンジジュースを戴きました。

ジュースに夢中でお店の脇にいた犬(with おっちゃん)を蹴飛ばして、フレームの外で犬にいじけられてましたが。。。

暮れなずむ街の。。。

そし、ヴェネチアの有名な風景に出会いました。

ピサの斜塔、ならぬヴェネチアの斜塔。

日がだいぶ傾いて薄暗くなってきています。

サンマルコ広場からだいぶ海沿いに歩きました。

人通りがだいぶ減ったところで落ち着いた感じのお店に入りました。

暮れゆく海を見ながらの優雅なディナータイム

とりあえずは、白ワインでヴェネチアに乾杯♪

そして、イカのイカスミまみれ。

シーフードと白ワインを海沿いで食べる。

そしてエビサラダ。

だいぶ空が暗くなってきました。

電燈の向こうに微かに見える対岸の島が風流です。

とっても気持ちが良いです。

日没時刻を過ぎてどんどん暗くなりゆくヴェネチアの空。

そしてなんと絵になる薄暮から闇夜に移ろいゆく風景。

この贅沢な夜に、乾杯♪

いい加減飲んだので、お会計してホテルの方向に歩き始めました。

まだまだお客さんでにぎわってますが、ご馳走様でした。

ここのホールのおっちゃんが非常にてきぱきと働くダンディな人で、誰だイタリア人は働かないと言った人は、と言いたくなるような存在でした。

闇夜のヴェネチア

歩きながら、橋を渡るたびに昼間とは異なる風景に目を奪われます。

この静寂。

しかし、サンマルコ広場は未だライブミュージックが流れ賑わっていました。

丁度、誰かの誕生日のお祝いをやっていたようで、生バンドがハッピーバースデーを演奏してました。

こんな優雅な所で、何百人と言う観光客を前に、大音響の生バンドで祝福されるバースデー、超ウルトラスーパーロマンティックをあげてますね。

ホテルの近くの高級チョコレート屋は10時を回ってもまだ営業してますね。

ヴェネチア梯子

閉まりかけのレストランでもう一杯。

けど、ここは蚊が多い。。。

なので日付も変わったことだしこのお店を退散してそのままリアルト橋方面へ。

リアルト橋が見えるところのお店はまだ空いてました。

もう散々飲んでいたし、眠いので記憶がほとんどありません。

ここもウェイターのアレックス君が非常に働き者で良かったです。

良かった。

けど、スーパー眠かった。。。

ホテルに戻ったらすぐにばたんきゅうでした。

が、こんな時間でも水上バスは動いてました。

さすがにヴェネチア本島と大陸側を結ぶ鉄道やバスはもう動いていないと思いますが、ヴェネチア本島内は結構遅くまで動いていたんですね。

イタリアカテゴリの最新記事