Pura Tirtha Empulという水浴び寺

Pocket

バロンダンスのあと、一路山の方へ車は向かっていきます。

バリの道は面白いことにこのような飾りがついています。

dscf9703

本当の目的地はその山ですが、行く途中に水浴び寺があるという情報をタクシーの運転手から貰い立ち寄ることにしました。

スポンサーリンク
レクタンングル(大)

清めの水浴び

寺に入るには布を腰に巻く必要があります。

長ズボンとか半ズボンとかスカートとかそういうの関係なく、皆が皆腰に布を巻いて入って行きます。

そして、ついに水浴び現場に遭遇!

dscf9709

水浴び場に一歩足を踏み入れるとこんな感じ。

バリヒンドゥ、ヒンドゥといえばインド、インドといえばゾウ!

となっているそのすぐ左側では衝撃の光景が!

dscf9708

大勢の人が水に浸かってます。

dscf9713

お供え物を備えて祈る人々。

dscf9712

列に並んで順に水浴びする人々。

帰り道は土産物通り

水浴びを一通り見た後は駐車場へ戻るわけですが、帰り道は一方通行、強制的に土産物通りを通らされます。

dscf9721 dscf9722 dscf9723 dscf9724 dscf9725 dscf9726

子宝祈願か何かかしら・・・こんなもん誰が買うんだろ。。。



スポンサーリンク
レクタンングル(大)
クリック御支援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 旅行ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタンングル(大)