バリの北側、キンタマーニ高原

Pocket

バリ島は意外と広い島なのですが、その大きさは東京都の2.5倍であり、愛媛県の大きさとほとんど同じらしいです。

といっても愛媛県に行ったことが無いのでどのくらいの大きさなのか皆目見当が尽きません。

そんなバリ島を、ちょうど玄関口のデンパサール空港から北に向かってどんどん山を登って行った先にキンタマーニ高原が有ります。

ウブドから長く続く坂を延々と登って行くのですが、すると標高も結構高くなり何と1,500mに達するとのこと。なので、南国バリ島に居ながら非常に涼しいです。

スポンサーリンク
レクタンングル(大)

バトゥール山とバトゥール湖

キンタマーニ高原観光のメインは、バトゥール山とバトゥール湖の眺望です。

dscf9739

これがバトゥール山、1917年と1926年に噴火しており、黒くなっている場所はその噴火によって溶岩が流れ着いたエリアです。

緑色の手前のエリアは溶岩が辿り着かず、そこは人が住んでいる様子もうかがえます。

火山によって燃え尽きた土地は、100年近くたってもまだ緑の生えないほどの爪痕を残しています。

このバトゥール山の向って右側にあるのがバトゥール湖です。

dscf9740

青と緑のコントラストが美しい、風光明媚でした。

さらに右側に目を向けると、湖の向こうにひときわ高い山を見ることができます。

dscf9741

山頂に雲のかかっている山がアバン山で、標高は2,151mとバトゥール山よりも高い山です。

写真では分かりにくいのですが、現地で見るとその標高差はよくわかります。

これら写真は峠の食堂で写しています。

ちょうど昼食の時間帯にここに到着しました。

別ツアーの日本人観光客の女性たちも我々に遅れて到着、バイキングという言葉が通じず苦労されていました。

さて、実はこのバトゥール湖の近くに温泉もあるとのことですが、今回は時間も足らず諦めました。。。

バリのウブドに来たらキンタマーニと合わせてもう一か所行きたいところがあったのです。


 

スポンサーリンク
レクタンングル(大)
クリック御支援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 旅行ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタンングル(大)