ニュルンベルクの名物ソーセージ

Pocket

さて、夕食はどうしようかと考えているとガイドブックに「ニュルンベルガー・ローストブラートヴルストという名物ソーセージが有る」という記載があり、ではそれを食べようかとなりました。

歩いていると良い感じのお店を見つけたので入りました。

スポンサーリンク
レクタンングル(大)

テラスで名物ソーセージを食べよう

入ったのはこんな外観のお店で、階段を上がるとオープンテラスが広がっていました。

外はこのように晴れ渡っていますが、とても寒いです。

外の様子を眺められる席に座りました。

長袖シャツに分厚いパーカーを着てビールで乾杯します。

そういえばライン川流域ではビールよりもワインを楽しんでいたのでドイツでしっかりビールを味わうのはこの夜が初めてです。

と、いうわけでニュルンベルガー・ローストブラートヴルストなるものを注文したところ、こんなものがやってきました。

親指サイズのとても小さいソーセージ、こういう焼き色になっているのもこの旅では初めてですね。

ザワークラウトとともに食べて飲んでが進みます。

別に頼んだサラダもシャキシャキしていて非常においしかったです。

ビールが進みますので2本目もいってみましょう。

地元フランケン地方のビールです。

さらに、これもまたフランケン地方のスペシャルな物はないかと頼んだら出てきたカツレツ。

シュニッツェル(Schnitzel)というらしいですが、ドイツやオーストリアで好んで食べられているもののようです。

上に載っているベリーがまたおいしいのです。

屋根越しに三日月がうっすらと見える夜の入り。

ドイツ語メニューの他に英語メニューも用意してくれている上に、イケメンのミカ君がグレートな英語で対応してくれ、「注文とか何かあったら俺、ミカを呼んでくれ。」という言葉。

他にもウェイターはいたのですが、彼の対応はピカイチでした。

ここは、また行きたい店ですね。



ハムのギフトやウインナーソーセージのお店【サイボクハム】

スポンサーリンク
レクタンングル(大)
クリック御支援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 旅行ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタンングル(大)