ヨーロッパ旅行、終わり。。。

Pocket

最後の荷造りを前に、駅の近くにある激安スーパーのALDIで買い物をしました。

ここは本当に激安で、ワイン2ユーロ、チョコレート10セントなんて感じ。

と、いうことで自分用のお土産やバラマキ用のお土産はここで買い込みました。

それらをスーツケースに最終パッキングをして、いざニュルンベルク出発です。

スポンサーリンク
レクタンングル(大)

最後のお昼ごはんはやっぱり。。。

電車の時間まではまだ暫くありますので駅の中でお昼ごはんを探しました。

ヨーロッパ最後のランチとなるわけですし、やっぱりそういうものを食べたいよね~という気分で探した結果・・・

結局ホットドックとなりました。

これ、安くてうまくて最高ですよ。

ドイツの何処の駅にも入っているこのお店、実は2日目のコブレンツで電車に乗る前に2nd朝ごはんとして食べて、あまりにも美味しくて一気に気に入ってしまっていたのです。

ホットドッグをモグモグしたらばホームに上がり電車を待ちます。

チケットは前日ニュルンベルク到着時にチケットセンターで購入済み。

やってきた電車は、前日ミュンヘンから乗って来たものと全く同じものです。

前日、結構座席指定されていたのを見ていたので今回の旅で初めて席を指定しました。

席の上に座席指定区間が表示されています。(逆に言えばこの区間を過ぎれば or 区間より手前であれば自由席として使うことができる非常に合理的なシステムです。)

と、いうことで座席探しには全く難儀することなく着席。

あとはフランクフルト空港まで揺られるだけです。

フランクフルト空港到着

さて、長旅の末、ヨーロッパで最初に降り立ったフランクフルト空港に戻ってきました。

今回はICEで来たので長距離便専用の駅です。

ここからかなり歩いて空港のターミナルへ。

ものすごくフライトの数が多いです。

荷物を預入れて手荷物検査、出国審査となるわけですが、ホリディシーズンにまさに突入する週末の夜と言うことででしょうか、メチャメチャ混雑していました。

手荷物検査で長蛇の列、そして極めて厳重な全身スキャン検査。

何も身に着けていないのにスキャンが反応するほど非常にセンシティブな機械でした。

で、そこで思いっきり荷物を開けろ、と引っかかったのですが、引っかかった物が何と、潰れて溶け出していたチーズ(ブリュッセルで購入)とヴェネチアのマスクを入れていた箱、そしてサラミ。

チーズは液体物、マスクとサラミは尖っているデザインから怪しまれた模様で、チーズは泣く泣く捨てました。。。

殆ど食べてないに等しかったのに、とってもおいしかったのに。。。勿体無い。。。

これをクリアーして一息ついていると、さらなる関門、出国審査。

いや、普通ならまったく関門でも何でもないんですけど、ともかく大混雑していました。

さらに特定の人種に対しては相当厳しいチェックを行っている模様で、運悪くそういう人種の多い列に並んでしまい全く列が進みません。

お隣のお兄ちゃんはコリアンエアの搭乗が5分前に迫っており大慌て。

ようよう待った末、別の審査ゲートがオープンしたためそちらへ移動、そうすると(件の特定人種を除き)スピーディに審査が終了、もちろん自分も顔パス同然でした。

こういう時、日本のパスポートって本当に凄いと実感します。

而してドイツを後にし、ヨーロッパ旅行は幕を閉じたのでした。




格安なヨーロッパ観光なら、【HostelsClub.com】

スポンサーリンク
レクタンングル(大)