ドイツ

2/2ページ

コブレンツ、ライン川とモーゼル川の出逢う町で

漸くたどり着いたコブレンツ(Koblenz)は、ライン川とモーゼル川がぶつかる町で、ここから翌日どのルートで目的地に向かうかを考えることとなります。 具体的には、翌日夕方にベルギーのブリュッセル(Brussels / Bruxelles)に居る予定を組んで居るもののそこまで①ライン川沿いにケルン(Cologne / Köln)を通ってドイツ/ベルギー国境からベルギーに入るルートか、②モーゼル川沿い […]

雨に振り回されたライン川クルーズ

さぁ本日のメインイベント、ライン川クルーズです。 預けていた荷物を引き取り、踏切を渡ってKDラインクルーズのリューデスハイム(Rüdesheim)乗り場へ。 チケットは大口の団体以外は予約不可の為、この時に乗り場で行き先名を告げ乗船チケットを購入しました。一人20ユーロでした。 が、空模様が怪しく小雨が降ってきました・・・。 山の天気ですから仕方が有りません、ともかく船に乗り込みました。

リューデスハイム在住日本人お薦めのレストラン、Jakobusklause

先程のクリスマスマーケットで教えてもらったレストランにやってきました。 お店から歩いて数分の場所です。 道すがらいくつか他のお店も教えてもらったのですが、最終的にドイツ料理のお店ってことでこのお店を選びました。

リューデスハイムの可愛らしい町並みとクリスマスマーケット

修道院から流れ着いたのはリューデスハイムの中心部、老若男女と観光客が多く居るエリアです。 石畳の道に沿って可愛らしいお店が数あります。   日本人観光客を目当てにしているのか日本語の掲げてあるお店もありました。 その一角にロープウェイ乗り場を見つけましたが、時間的に乗ることは叶いませんでした。

リューデスハイムの修道院で飲むワイン

リューデスハイムはライン川に向かって谷になっているとても小さな町です。 その谷の斜面は一面ワイン畑というかブドウ畑となっており、良質な白ワインを生産しています。 そんなリューデスハイムで少し街から外れた場所にあるスポットが、今回訪問したアイビンゲン大修道院(Abtei St. Hildegard)、またの名を創設者の名を取ってヒルデガルド修道院といいます。

ドイツVodafoneのプリペイドSimでEU内の通信準備完了

さて、リューデスハイムに到着したのが午前9時過ぎ。 とりあえず重たい荷物を何とかしたいと荷物を預けられそうな場所を探します。 駅を出て右側、街の方向に歩きますが、デコボコの石畳がスーツケースの行く手を阻み、なかなか思うように進みません。 ていうか、底をかなり擦ってしまいました。。。 そうこうしていると、線路に電車がやってきました。 車、車が、高級車がいっぱい電車で運ばれてる!! 驚きの光景に目を丸 […]

ライン川沿いの小さな町、リューデスハイムに到着

さて、この日の目的はライン川クルーズです。 クルーズにはヴィースバーデンの近く、マインツ(Mainz)から乗ることもできるのですが、流石にものすごーく時間が掛かるし、見どころもそこまで多くない模様なので、ガイドブックを信じてライン川クルーズの一番の見どころと言われる所を乗りたいのでリューデスハイムまで向かいました。

簡単!ヴィースバーデン駅でライン川方向へ乗換え

さて、フランクフルト空港駅を出た電車は暫く地下を走った後地上に出てドイツの風景を車窓から眺めることができます。 走りゆく方向はフランクフルト市街とは逆方向なので、穏やかな風景を見ることが出来ました。

これがフランクフルトか、ヨーロッパ初上陸

Twitterでもちょこちょこと旅するよ~って書いておりましたが、2017年の夏旅(ちょっと早いけど)として6月下旬にヨーロッパに初上陸してきました。 降り立った場所は、早朝のドイツのフランクフルト国際空港。 なんともドイツらしい印象を受けたのが、人が少なくて自動ゲートだらけの空港の風景。 色使いもどことなく殺風景で落ち着いた冷たいヨーロッパのイメージです。