ベルギー料理といえばムール貝

ベルギー料理といえばムール貝

お昼時、お腹が減ったので運河沿いのキレイなレストランで食事する事にしました。

まずは地元のビールで乾杯

席についてとりあえずドリンクメニューを広げたのですが、目に入ったのは地ビールの表記。

これは試しておきたいと早速注文しました。

味は特筆するものもなく普通においしいですね。

更にメニューを眺めながら何にしようかと悩んでましたが、周囲を見ているとやたらと大きい鍋が運ばれていて店員さんに「さっき運んでたあれは何?」と尋ねるとこれだよ~って指さしてくれました。

幾つか味付けの種類がありましたが、とりあえずオーソドックスそうなやつにして注文。暫く運河を眺めながらビールを飲みます。

ムール貝の食べ方

結構待ちました。

そして出てきましたよ、これが。。。

付け合せはフレンチフライ。

これだけで十二分にお腹いっぱいになりました。

さて、このムール貝、ナイフとフォークでえっちらおっちら食べていたのですが、隣に座った老夫婦の男性から「君たち、何処から来たのかね。ムール貝って言うのはね、その山盛りに捨てていってる貝殻で貝をつまんで貝を鍋から取り出して、貝殻で具を取り出して食べるんだよ。と教えてくれました。

で、言われた通りやってみました。。。

なんじゃこりゃぁ!

早い!易い!美味い!

じーさん、最高だよこれ、有難う!で、じーさんどっからきたの??

尋ねると、オランダから来たらしいのですが、自転車で1時間程度の距離にある辺境の町でこの辺は庭みたいなものらしいです。

なんと、この絶景から1時間の距離に住んでいるなんて、そこが既に別の国だなんて、なんだかとっても素敵な話に聞こえます。

素敵な老夫婦にお礼を述べてお店を後にしました。

もちろん、店員さんにも「これめっちゃうめぇぞ!」と言っておきました。

のちに調べたところ、このムール貝とフレンチフライの組み合わせはムール・フリット(Moules-frites)という伝統的なベルギーを代表する料理らしいですよ。

ブルージュカテゴリの最新記事