荘厳華麗!ブリュッセル

Pocket

ICEをブリュッセル北駅(Bruxelles Nord)で降りてブリュッセル中央駅(Bruxelles Central)まで1駅分だけ別の電車に乗り継ぎました。

ICEのトラブルで到着時刻が遅れており、到着ホームも予定から変更となっていましたが、何とか無事に到着しました。

スポンサーリンク
レクタンングル(大)

石畳の通り

ブリュッセル中央駅はこの数日前にまたテロ未遂事件があったとのことで結構な警備が敷かれていました。

駅前も普通に人が通っていますが、軍がしっかり監視していました。

駅からホテルまで、とりあえず重たい荷物を置いてしまおうと歩きましたが、この街の石畳はなかなかスーツケースを持って歩くには大変です。

駅からホテルまでは下り道でしたが、帰りに駅に向かうには登り道となるので、これはとても耐えられそうにありません。

帰り道どうするか考える必要があるなぁと考えつつ、石畳に車輪を取られながらホテルに到着、チェックインしました。

この時点でまだ午後3時ごろと日が高く、早速ブリュッセル市内観光に出かけることとしました。

先ずは、モネ劇場(La Monnaie De Munt)。

更に中心部へ歩みを進めます。

石畳の通りを抜けると、ブリュッセル観光の目玉の一つ、グランプラス(Grand Place)に到着しました。

世界で最も美しい広場のひとつ、グランプラス

広い!デカイ!確かに美しい!!

写真では伝えられません、この感じ。

これでテンションが上がってしまいました。もっと行ってみましょう。

ガッカリスポット!?として有名な小便小僧

更に石畳の街並を歩きます。

全てが美しくて、どの風景も、どの角度も見逃せないような感じになってきました。

この青空と街並みのコントラスト、美しすぎて涙が出そうです。

様々な人種の観光客で溢れかえっているのが良くわかります。

そんな中、やたら人が大量に集っているスポットが有りました。

ひょっとして、これは・・・

放尿なう!!

今日は赤い帽子に白いスカーフ、青い服を着て放尿してました。

フランスのイメージ?でしょうか。

人が多く集まっていますが、普通に車がやってくる交差点なので、広がっていると車にひかれる危険性があります。

で、肝心のガッカリしたかという点ですが、別にガッカリしなかったけど感動もしませんでした。

だって、ブリュッセルの街自体が凄すぎて、これに感動の上乗せするのは至難の業でしょう。

坂道に見る絶景

小便小僧から南東方面にイイ坂を見つけたので上ります。

こんな風景ばかりですよ、この街。

しかも、飽きません!全く飽きが来ません。

どんどん新しい風景に興奮を覚えます。

写真では3割も伝えられないくらい、そのくらい魅力的なんです。

と、思ったら住宅街の中にいきなりこんなものが出てきました。

Tour de Villersと呼ばれるもので、Wikipediaによると13世紀の建造物(17世紀に更に手を加えられた)の模様。

現地滞在中は特に説明も見当たらず、何だこれ、でもとてつもなく凄い遺跡の様な気がする、というレベルでしたが、改めて調べると驚きです。

ついでに言うと、日本から持ってきたガイド本にはこのスポットのことが全く書いてないし、日本語Wikipediaにも何も書いていないので、詳しくはやっぱり謎です。

ブリュッセル市内は見どころが多すぎるので、ココで一度区切ります。

次回、ブリュッセル市内を一望する坂の上から編。



スポンサーリンク
レクタンングル(大)
クリック御支援お願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へにほんブログ村 旅行ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタンングル(大)